ブログ


撮影の時に、撮った写真を見てもらう重要性

秋も段々と深まり、七五三撮影・お宮参り・ご家族撮影等増えてきますよねっ。

 

撮影をしている時って、カメラマンは何を撮っているのか気になりませんか???(>_<)

 

私は、そのスポットで撮影をした時に、その都度確認をしているんです。

 

色々と大事な要素があるので、お話しをさせて頂きますね。

 

・お客様から見て、「いい感じ~っ」とか「凄い綺麗ですね~」とか

 その言動を見ながら、お客様の好みや表情を読み取っています。

・カメラマンから見て、しっかりイメージ通りに撮れているか?

   その確認もあります。

・カメラマンも人の子で、お客様に喜ばれると嬉しくなりますよね。

・そして、お客様とカメラマンとで、意気投合をしてくる。

・そうすると、お客様のイメージも膨らみ、ああ撮ろうとか、

 こう撮ろうとか

 そんな感じになってきます。

・その時に撮った全体像の中で、シチュエーション毎に思い出す

 ことが出来ます。

 

そうなんです。前回に書いたモデルさんとの作品撮りと同じ感覚なんです。

 

だから、楽しくなっちゃうんですよね。

 

お客様とカメラを通して、キャッチボールをしている感じです。

 

だから、スポットで撮影をし終わる毎に、画像を確認しているんです。

 

自分ではそうしています。

 

愉しんで撮影をし行きましょうね。

 

では、今回はこの辺で~。(^^♪

次回もお楽しみにです。(^_-)-☆

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 小林 修史. All rights Reserved.